Architect

中村 昌生 Masao Nakamura
せとうち 湊のやど 尾道 出雲屋敷

 プロフィール

1927年愛知県にて出生。彦根工業専門学校(現滋賀大学)を卒業した後、京都大学工学部の研修員となる。同大学助手等を経て、京都 工芸繊維大学教授。この間、文化財保護審議会専門委員や桂離宮整備委員、茶の湯文化学会会長等を歴任した。
また、木造建築の伝統の継承と発展を目的とした京都伝統建築技術協会を1980年に設立。 京都工芸繊維大学退官後は福井工業大学等でも教鞭を執る。専攻は日本建築。 工学博士(京都大学)

- 略歴 -

1927  愛知県に生まれる
多年にわたり茶室・数寄屋の研究と創作を通じて日本建築の伝統を追求し続ける。
1961  工学博士
1962  都工芸繊維大学助教授
       〃   教授
1971  『京の町家』駸々堂出版刊 後年『京の坪庭』『京の座敷』を刊行
    日本建築学会賞受賞
    『茶匠と建築』鹿島出版会刊、『茶室の研究』墨水書房刊
1976  桂離宮整備懇談会委員
1980  同志と伝統建築技術の継承と発展のため財団法人京都伝統建築技術協会を設立。
1986  文化財保護審議会専門委員
1987  『数寄屋邸宅集成』第1~3巻 小学館刊
1990  京都新聞文化賞受賞
1991  京都工芸繊維大学名誉教授・福井工業大学教授
1992  財団法人京都伝統建築技術協会理事長
1998  京都市文化功労者
2000  『数寄の空間』上・下 淡交社刊
2001  第一回圓山文化賞受賞
2002  福井工業大学名誉教授
2011  同志と一般社団法人伝統を未来につなげる会設立

桐谷 昌寛 Masahiro Kiritani
せとうち 湊のやど 尾道 島居邸洋館
公式サイト:KIRITANI ARCHITECT OFFICE

 プロフィール

菊竹清訓建築設計事務所にて、菊竹清訓に師事。在籍中及び独立後現在に至るまで、多数のプロジェクトを担当。
現在は桐谷建築設計事務所を設立

- 略歴 -
1972 広島県竹原市生まれ
1995 日本建築学会設計競技賞受賞 【空間のリサイクル】
2004 島根まちなみ景観大賞および公共建築賞特別賞受賞【島根県立美術館】
2005 免震構造協会賞、空気調和・衛生工学技術賞 【九州国立博物館】
2008 日経ニューオフィス推進賞 【神原汽船本社オフィス】

谷尻 誠 Makoto Tanijiri
ONOMICHI U2
公式サイト:SUPPOSE DESIGN OFFICE

 プロフィール

1974年広島生まれ。
1994年~1999年 本兼建築設計事務所
1999年~2000年 HAL建築工房
2000年 建築設計事務所suppose design office 設立
2003年~穴吹デザイン専門学校非常勤講師
2011年~広島女学院大学 客員教授

主な仕事:designtide08,09、ミラノサローネ東芝インスタレーション、これまで手がけた住宅は100件を超え、現在国内外でインテリアから複合施設まで様々なプロジェクトが進行中。
2012年3月、1000%の建築~僕は勘違いしながら生きてきたを出版。

主な受賞歴:THE INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARD(chicago)、福岡県美しいまちづくり建築賞大賞、モダンリビング大賞など、受賞多数。
www.suppose.jp

art director & designer

平林 奈緒美 Naomi Hirabayashi
DISCOVERLINK SETOUCHI/せとうち 湊のやど ロゴデザイン
公式サイト:plug-in.co.uk

 プロフィール

東京生まれ。武蔵野美術大学卒業後、(株)資生堂宣伝部入社。ロンドンのデザインスタジオMadeThoughtに出向後、2005年よりフリーランスのアートディレクター/グラフィックデザイナー。

主な仕事:雑誌GINZAのアートディレクションをはじめ、アパレルブランドのビジュアルディレクション、NTT DOCOMO, HOPE(JT)等のパッケージデザイン、(marunouchi)HOUSEのサインデザイン、DREAMS COME TRUE・宇多田ヒカル等のCDジャケットデザインなど。

UMA/design farm 代表:原田 祐馬 Yuma Harada
ONOMICHI U2、HOTEL CYCLEロゴデザイン
公式サイト:UMA/design farm

 プロフィール

UMA/design farm
2007年、原田祐馬により設立。
出来事の創出から演出までデザインを通して、トータルで関わる仕事を行う。
ONOMICHI U2では施設のロゴマークやサインデザイン、ツールのデザイン、オリジナル商品のパッケージデザイン、HOTEL CYCLEのロゴマークやツールのデザインなどを手掛けている。

柿木原 政広 Masahiro Kakinokihara
ONOMICHI U2内施設ロゴデザイン
公式サイト:10inc.

 プロフィール

アートディレクター
1970年広島県生まれ。ドラフトを経て2007年に株式会社10(テン)を設立。JAGDA会員。東京ADC会員。
主な作品にsingingAEON、R.O.Uのブランディング、東京国際映画祭、静岡市美術館、松竹芸能株式会社、富士中央幼稚園のCI。カードゲームRoccaなどを手がける。
2003年日本グラフィックデザイナーズ協会新人賞受賞。2007年森美術館の「日本美術が笑う」でADC賞受賞。2011年「Rocca」でNewYork ADC 賞SILVER、ONESHOW merit賞、東京ADC 賞受賞。「静岡市美術館」のCIでONESHOW PENCIL賞受賞。2012年「Rocca」でGOOD DESIGN賞受賞。

内田 真弓 Mayumi Uchida
ONOMICHI U2内施設ロゴデザイン
公式サイト:10inc.

 プロフィール

グラフィックデザイナー/アートディレクター
1980年生まれ。2002年武蔵野美術大学空間演出学科卒業、同年たき工房入社。ドラフトへの出向を経て、2010年10inc.入社。JAGDA正会員。
最近の仕事に、「UMEAOI」「ekao」のブランディングや「たき工房」「みどりの歯科医院」「川島屋未来百貨店」「東京画」「ENTRE DEUX」のCI、VI。フランス国立ギメ美術館での展示会「L’art de Rosanjin」のブランディング。「PARCOクリスマス2013」の空間グラフィックデザイン。天野祐吉著『広告も変わったねぇ。』小山薫堂著『しかけ人たちの企画術』の装丁デザインなど。

sculptor


Photo :
Nobutada OMOTE | SANDWICH
名和 晃平 Kohei Nawa
ONOMICHI U2メインエントランス設置作品“Molecular Cycle”制作ディレクション(制作:ULTRA SANDWICH PROJECT)
公式サイト:SANDWICH

 プロフィール

彫刻家、京都造形芸術大学准教授。
独自の「PixCell=Pixel(画素)+Cell(細胞・器)」という概念を機軸に、多様な表現を展開する。2009年より京都・伏見に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げ、映像、プロダクト、ファッションなど携わるプロジェクトは多岐にわたる、京都造形芸術大学「ULTRA FACTORY」が展開するプロジェクトベースの実践型授業「ULTRA SANDWICH PROJECT」ではディレクターとして、よりリアルな現場を共有するためSANDWICHを開放し、あらゆる経験を通じて自分の将来の活動を具体的にイメージできる機会を学生たちに提供している。2011年、東京都現代美術館で個展開催。2013年、瀬戸内国際芸術祭、愛知トリエンナーレ参加。

Photographer

谷口 京 Kei Taniguchi
TRANSIT via せとうち (撮影)
公式サイト:http://keitaniguchi.net/

 プロフィール

日本大学芸術学部卒。宮本敬文氏のアシスタントを経てニューヨーク市ブルックリンを拠点に独立。
雑誌・広告・カタログ等の仕事のかたわら中南米やアフリカなど世界各地を巡り、2004年に帰国。写真家としての活動のほか、アフガン復興支援や環境保護など社会的な事柄にも積極的に参加している。
ヒマラヤをはじめ国内外の登山に取り組む冒険好き。

伊藤 徹也 Tetsuya Ito
せとうち 湊のやど、ONOMICHI U2(撮影)

 プロフィール

1968年東京都生まれ。日本大学藝術学部写真学科卒業。
ポートレイト、ランドスケープを中心に、さまざまな媒体で活動。

Denim Designer

林 芳亨 Yoshiyuki Hayashi
RESOLUTE デニム・デザイナー

 プロフィール

1956年生まれ、デニム・デザイナー。少年期に抱いたリーバイスへの憧れから自らデニム作りに携わる。1988年、「Denime/ドゥニーム」設立にあたり、デザイナーとして参加、デニムにかける愛情と深いこだわりで、日本における空前のレプリカジーンズ・ブームを牽引する存在となる。Denime退社後、もう一度原点に立ち返る意味で2010年5月にRESOLUTEをスタートさせる。「自分のデニムは洋服ではなく、いわば道具。何年たっても手に入る、理想のスタンダードを創りたい」がモットー。デニム作りを始めてから欠かすことのない週に一度の工場通いは、職人と直接対話することがクォリティをより高める最善の方法であると考えていることから。ユーモア溢れる言動や気さくな人柄に惹かれるファンは多い。大阪在住。

Advisor

昆布尚子 Hisako Konbu
伝統産業開発(備後絣)

 プロフィール

京都在住。さまざまな和布を使って服やバッグ作りをしている。自由に発想された作品にはファンが多い。

MASA
せとうち 湊のやど他 家具・調度品

 プロフィール

1974年京都生まれ
1998年:インテリア・木工家具に関心を持っていたことをきっかけに日本の古い家具の修理の仕事を手伝い始め、古物業界に入る。
2000年:主に日本のアンティークを中心に生活空間に提案できる品の紹介を始める。
2009年:京都祇園ネクサスにおいて「空間を遊ぶ」で初めての個人企画展示活動を始める。
2010年:京都下鴨にてAntiques&Art Masaオープン
これまでの提案に加えインテリアのコーディネート依頼を受ける。
京都ギャラリー室386-3にて「花で遊ぶ道具」を企画展示。
京都祇園ネクサクにて呉服メーカー京都貴久樹企画展示会場装飾協力
2011年:東京アパレルショップ「matohu」 にて「これからと暮らす」を共同企画展示

Publishing&Web

TRANSIT(トランジット)
公式サイト:TRANSIT

 プロフィール

愛され受け継がれてきたもの、普遍的なものを求めて
世界・日本各地を旅する雑誌。
歌い継がれる歌や、引継がれていく技、愛され大切にされてきた風景…
世界を彩るあらゆる価値観に触れ、美しい写真とリアルな文章で、
その土地の空気感や人々との関わりを伝えている。
こだわりを持って世界を眺める方にも楽しめるトラベルカルチャー誌。

発行:年4回(3,6,9,12月)
販売元:講談社
編集・発行:euphoria FACTORY